設定狙い

設定狙い3 〜打つ機種〜

こんにんちは。設定狙いの考え方の3回目となります。まだまだ甘ちゃんですが、自分の考えのアウトプットも兼ねてどんな風に選んでいるか書きたいと思います。

 

前回でお店選びを書きました。ピン、もしくは2〜3人程度で立ち回る事を想定しています。

 

お店を発掘できてきたor様子を見てくるとき、何に座るか。まずは打てる機種と打てない機種(打ちたくない機種) イエスかノーになってしまいますが

 

まず全台系イベントのうち、機種指定イベント。これはまどまぎ、バジリスク、番長の様に狙い目がハッキリしていればそれに座りますw

 

ただ、そうでない場合私の場合、最近では

 

番長3

 

バジリスク絆

 

まどかマギカ(初代)

 

この三機種が多いですね。

 

 

 

 

番長3

 

最近では特に番長3が多いです。やっぱり新基準の柱となる存在、456確定、6確定、はたまた5も使っても気付いてもらいやすい事、なによりスペックが良い為出玉アピールもしやすいことから大切に扱い機会は多い機種です。また、そこまでマイナス収支を食らうことなく判別しやすいですね(比較的ですが)

 

バジリスク絆

次に絆です。こちらも456確定、6確定とあり、出玉も119%と非常に強いです。しかし、旧基準である為撤去は確定、また役割を番長3に取られこちらの配分が下がる事も多い為優先度的には番長になりますね。あとは結構なゲーム数を回さないと判別が効きにくい為比較的投資が嵩む傾向にあります。

兼業や設定狙いを始めた方がガッツリ4万凹んだらまた天井狙いに戻ったりも割とある話です。朝一テーブルが悪ければ高設定でも簡単に凹みますので、難しいといえば難しいです。確定要素待ちという所も多少・・・

 

配分が強く、確定要素もあるから人気なので、今後ホール次第で変わってくる機種ですね〜

 

 

まどかマギカ(初代)

 

最近では朝一に座る機会が減りました。元々この機種を看板にするホールも多く、通常ART突入やプチボーナスできゅうべえと色々気付いてもらえる要素もあり狙えましたがこの半年間配分が下がってきているなーと感じる機種です。

 

ARTに入らなければバコッと凹みますが、小役、モード移行等見る要素が多いので絆よりは判別しやすく、一撃も出やすいです。一撃ドンと出ても小役とモード移行を見ることが出来るポイントはいい点ですね。

 

 

主にこの三機種ですが、番長3が出てからは119%狙いで現実的にも番長と絆といった形で抽選倍率は落ちながらも狙いにいけるので良い環境だとは思ってます。後ツモは中々しにくい機種ではありますが・・・

 

 

これらに共通する事は機械割が高いので、一発ツモれば中々の金額を勝てます。

 

 

その後は本当にホール次第ですが

まどまぎ2

サラリーマン番長

このあたりはお店によってガシガシ設定を入れる所もありますのでたまに朝一狙ってます。全台系なんかも割とやってますね。

 

 

次に狙わない機種

アクロス系Aタイプ

ジャグラー

バラエティ

新台

 

このあたりは示唆や癖読みが出来ていなければまず朝一から狙いにはいかないですね。

 

設定状況としてはアクロス系、ジャグラーなんかは良好なホールは多いです。逆にこのあたりがしょっぱいお店はAT,ARTの配分が弱くなっていったりガセる事も多いと思います。

 

やっぱりAタイプなのである程度回転数がついてくれば全然入ってない事はわかってしまいますからね。

 

設定状況が良いのに何故狙わないか? 前提として何を狙うかあまり判断がついてない方として、の危険性を説明します。

 

 

アクロス系

打ち方が非常に面倒です。15枚役の為に一々面倒な目押し、リーチ目察知、ボーナス最速揃えなどなどまず打っていて大変です。このあたりが出来ないとしっかりした機械割が出ません(だから店にとっては甘いですね)、まただからお店も使います。

 

ならしっかり打てば?ってなるんですが

 

コレらをしっかり打って完璧に打っていたら周りの状況なんて把握できません。集中力がそこにいってしまいます。

勿論ハイスペック機種に人は行くので座りやすいはありますけどね。

 

全台系察知、配分を見て自分の台に入っていなければ移動しなければいけない状況で労力を割けません。勿論打つ際はしっかり打つんですが・・・

 

 

ジャグラー系

これはアクロス系と違い打ち方も簡単で判別要素も見やすいんですが、単調であり、ある程度のゲーム数を回さないと設定差は見えて来ません。

低設定域が辛く、高設定でも年配の方なんかはチェリーも全然狙いにませんので甘く使う事は多いです。が、ゲーム数を回さないと上か下かもハッキリしてこないのでリスクは高いです。

 

台数も多い事が殆どの為、配分で判断ってのもしにくいです。となると回さないといけないので勝ちor負けになりやすいです。ジャグラーはしっかりどの位置に入るか読めて来てから狙いにいく機種ですので、初めのうちはおすすめしません。

 

 

この二分類に共通するのは、Aタイプといえどある程度回さないとボーナス確率はいくらでも暴れてくれるっと所もあります。500回回してレギュラー一回の差で低設定か高設定かの差が出てしまう事もザラです。

 

 

朝適当に座るんではなく、癖を読み座りに行く為、玄人向けになりやすいです。

 

 

ただ、狙える状況としては全台系です。機械割が低い為比較的後からでも人が変わるので座りやすいです。

 

 

全台での合算でボーナス確率を見ましょう。一台だけ凹んでいても、合算でみたら5以上濃厚の数字になっていたりします。

全台合計の数字は時間と共に大量にデータが増えますので見やすいです。その点では後ツモ狙いに向いている機種と言えるかもしれません

 

 

バラエティ

こちらは基本的に     設定が入りません     そこにまず着席する人はその台で遊びに来ている人が多いんです。そんな人は設定が入ってなくても回します。ですし、途中でポロっと満足して帰っていきます。

 

お店としてはアピールに使いたいのにアピールにならない事が多くなります。

 

朝一埋まらない事も多く、そもそも打たれず高設定が埋まって終わってしまう事もある為  お店は設定を入れられない  って事が多いですね。

 

店によってはバラエティが強く、ボックス単位で入れたり並びで入れたりという事もあり、そういう癖がつかめて来たら後ツモもしやすい場所ではあります。ただ、6より4を打たされる機会は多いですねw

 

 

新台

これもあまり入りません。

 

 

設定差がまだ判明しておらず判別しにくい。

 

新台で遊びたい人が関係なく回す。

 

 

この二点で、設定が入っていても気付いて貰えず、またどうせ人は回してくれるからと設定を入れなくていいやという状況が殆どです。

 

たまーに新装開店は配分が強かったりする癖があるお店を発見できれば新装開店は平日に多く朝一も座りやすいのでチャンスですね。

 

 

 

と、座りにいく機種と座らない機種の紹介でした。

 

簡単にまとめると

 

座りにいく機種

番長3、バジリスク絆、まどかマギカ(初代)※高設定がハイスペック

 

座りたくない機種

アクロス系Aタイプ、ジャグラー、バラエティ、新台

※設定がわかりにくい、回されにくい機種

 

 

こんな感じです。早い話、普段稼働が多いハイスペック機種に座りにいけば適当でもツモる確率は出て来ますw

 

 

次回は全台系狙い、後ツモ狙いといった、少し慣れて来た段階での店内状況を絡めた設定を狙うという記事を書きたいと思います!

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。