考察

フェアリーテイル 設定判別要素

フェアリーテイルの設定判別要素・確定要素となります。

2択ゲーム

通常区間50G消化で発生
・3連続成功で設定示唆が発生

セリフ

・褒める 奇数設定示唆
・次は~ 偶数設定示唆
・悔しがる 高設定示唆

メダル

・銅 設定2以上確定
・銀 設定3以上確定
・金 設定4以上確定
・DANGER 設定6確定

設定2以上であれば1/4程度でメダルが出現する模様です(解析値無し)

1/2を3回連続で通すのも難しいですね・・・

示唆は振り分けが出ないと使いにくいです。

 

ART終了画面

ナツ/エルザ

◎奇数設定示唆

グレイ ルーシィ

◎偶数設定示唆

ガジル

◎設定2以上確定

ジュビア

◎設定1or3or4or5or6確定

ミラジェーン

◎設定1or4or5or6確定

ウェンディ

◎偶数設定確定

メイビス

◎設定4以上確定
2-9伝説様

 

ART終了後画面なんですが、本当に色々とポコポコ出ます。複数の画面を組み合わせて判断していく事になります。

 

ボーナス確率

設定 赤7BIG 青7BIG ボーナス合算
1 1/1820.4 1/461.5 1/368.2
2 1/436.9 1/352.3
3 1/397.2 1/326.0
4 1/329.3 1/278.9
5 1/283.7 1/245.5
6 1/236.6 1/209.4

5.9号機の特性上ART確率は殆ど設定差ありません。単純に倍弱違うボーナス確率に注目です。

実践上、設定6では弱チェリーからボーナス引けることが非常に多いです。

朝一ステージ選択率
設定 マグノリア ルーシィ
の部屋
ビーチ
1 33.3% 33.3% 33.3%
2 25.0% 25.0% 50.0%
3 33.3% 33.3% 33.3%
4 25.0% 25.0% 50.0%
5 33.3% 33.3% 33.3%
6 25.0% 25.0% 50.0%

パチスロ天井期待値の本質様

 

偶数設定は50%でビーチステージになります

こちらはメダル1枚投入ですぐに見れますのである程度台数があれば使えますね。

 

以下は使えるような要素ではないですが、通常時での弱チェリー確率

設定 弱チェリー
1 1/64.8
2 1/64.3
3 1/63.9
4 1/62.6
5 1/62.2
6 1/60.9

流石に判別には使えない差ですね^^;

 

こちらはART中のハズレです

設定 ハズレ
1 1/100.1
2 1/81.9
3 1/100.1
4 1/81.9
5 1/100.1
6 1/91.0

奇数、偶数の差がありますが、サンプルを取れるかといわれると・・・一応カウントしましょう。

重要ポイント

朝一のステージ
ART終了画面
2択3連続回答

ココを見ていき複合的に判断していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。