考察

全台系配分の差 

全台型狙いの際のお店探し、お店選びの気をつけるポイントについてお話します。

全台型の設定配分

全って言ってもどういった設定の入れ方をするかで行くべきお店かどうか、どういう攻め方をするかを変えていかなくてはいけません。

1番攻めたいお店は

全6機種

コレ、しっかりやっているお店です。挙動もしっかりと現れやすいので座っていれば午前中にハッキリするケースが多いです。

しかし、全6をやる場合お店もそこにアピール出玉の殆どを費やしてしまうので1〜2機種程度になる事が多いですね。

全56

機械割的には良いんですが、全56の場合って判断下せる時間は遅くなりがちです。

奇数偶数ってポイントで見ることが許されていないので、どうしても単体単体の要素をしっかり見ることになるんですが、どうしても単体を短時間で見ると要素はブレてしまいます。

仮に番長56だと6はわかりやすいですけど、5は絶頂、金閣寺、通常ボナ引けないと見えてこないですよね。

まどまぎは全体の通常ARTと京子終わりを見ておけば56は浮いてきますのでわかりやすいです。

低設定と高設定の差が顕著に現れにくい機種の場合は本当に時間が掛かります。

全56の場合、どういった台が候補に上がるかも見ていくといいかもしれませんね。

全5

鬼畜です。わかりにくい機種に入れられたら最悪です。

1or5って言われると判断難しい機種が多いんですよ。

漢オフミーなんかは全5示唆イベントですけど、ある程度わかるまでゆっくり回しながら確定要素見る為に徘徊っていう軍団も多いです。

全5イベントはガチガチの専業が集まる地域じゃなければ後ツモしやすいです。

基本的に偶数は初当たりが早く奇数は重い。そのかわり奇数は一撃性が高いっていう台が多いですが、5で一撃出せずにハメてハメで耐えきれずポイ。

全体挙動見れずにダメだと思ってポイってパターンがかなり多いです。

確信持って朝一座った台をブン回せるお店でなければ、比較的客層がヌルいお店を選んで後ツモも視野に入れていくと良いと考えます。

全456

非常に多いです。基本的に全といえばこのパターン。
6が1〜2個、5は0〜1、後は全部4とか。

6ちょろっと入れて4沢山入れておけば公約守ってますんでw

その代わり全を複数あるケースっていうお店を選んでいきます。

6に座る機会自体は減るかもしれませんが、4にも座れる事で平均的な機械割を高くしていけます。

ノリ打ちや打ち子さん抱えていて人数居る時はこのパターンで攻められます。

1機種全456なんてお店はダメです。

難しいのは1人で攻める時です。

全台型機種に辿り着いても、6じゃない時が多々あります。

そんな時に1人であれば最高値である6を探したいんですが、4から6に移れるケースって難しいんですよ。6確定出した人なんて辞めないですし、4と6の判別自体難しい台が多いのです。

4あれば1日打ち切り倒すって人は全然アリです。

どのパターンのお店を選ぶか

個人的に今まで全6、全56が2機種程あるパターンのお店、中でも後ツモしやすい場所を選んでいました。

狙いも絞れて、後からも取れるのでそれなりに結果は出てたんですが兼業だとどうしても土日にそのお店のイベントが絡まない月だと全然攻められなかったりするんですよ。

って月が2ヶ月連続で来てたので開拓し見つかったのは

全456で4多目だけど、4〜6機種の全台型っていうお店。

ぶっちゃけ朝ある程度の抽選番号で座るだけで、それなりの確率で全台型機種に座れちゃいます。

1人でやるのであれば104%を9000回転で期待値2万行くので満足いくんですけれども、複数人いると全員ツモれないと美味しくないなぁ…という所でいかに6をツモれるかという所を見ていってます。

まとまりがなくなってしまいましたが、攻めるお店がどういう配分で設定を入れているかを見て、行くかどうかを判断してから攻めましょう!というお話でした!

オススメはこちら
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。