考察

全狙いで気を付けるポイントとデータ取り

どこにいっても流行の全6、全456の全台系狙いですが最近陥るパターンが

全台系以外にも高設定が存在している

コレ怖いっす・・・どうあがいても高設定、確定も出ちゃったり。それが

半分系

ピンポイント投入

こうなると、全の場所はここだった!と勘違いして低設定を回すケースが。

全6の場合だと、流石に流石に全6ではないだろうと理解は出来るんですが、全456で4多目だと1or4ならまだ挙動わかるんですが、2or4を見抜けとか言われると非常に難しいです。

こういったケースだと相当数回さないとわかりませんし、終日回してわからないケースも出てきます。

当日早い時間でどうこういうより

全以外での高設定投入方法のデータを取っていく

積み重ねる事でパターンとして見えてきます。〇台以上の機種ではあって半分系。

特定機種では全はやらないでピンポイント

場数踏んで機種、場所などなど掴めてくると惑わされにくくなり、逆に半分系を後ツモ、ピンポイント投入で全じゃないからといって捨ててしまった台の後ツモも狙えて来ます。

パターン、法則を理解し柔軟に動けるように

全だけ!という風に固執せず、隠れている所を気づけるようにしていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。